ぱん工場寛の場所や購入方法は?値段や種類についても!たけしのニッポンのミカタ!

  • 2020.07.24
  • TV
ぱん工場寛の場所や購入方法は?値段や種類についても!たけしのニッポンのミカタ!

7月24日21時54分から放送のテレビ東京放送【たけしのニッポンのミカタ】は、

『大量のパンをもって自転車で爆走する男』を放送します。

このパン屋さんは「ぱん工場寛」というパン屋さんで、

スナックだらけのビルの中にある人気のパン屋さんのようです。

しかしなぜそのような場所でパン屋さんを営んでいるのでしょうか?

疑問に思ったので「パン工場寛」の

・場所

・購入方法

・値段

・種類

について気になりましたので調べていきます!

ぱん工場寛の場所はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日は行きつけのスナックへ。 というのは嘘で目黒区、世田谷区のセレブ御用達のパン屋さん パン工場 寛へ。(看板向かって左下) スナックビルの喧騒の中、ひっそりと営むこだわりのパン屋さん。 明日の朝食用にと思って行ったんですが予約分しか今日はないとの事。 チーン。 また今度ちゃんと予約して来よう☻ #パン

Tomoki Matsunobu(@tomokimatsunobu)がシェアした投稿 –


ぱん工場寛の場所は写真のようにスナック街のビルにあります。

初めて行く方は分かりにくいと思います。

【ぱん工場寛の基本情報】

住所:東京都目黒区中根1-6-10 名店会館2階

電話番号:090-2485-6911

営業時間:12:00~13:00  00:00~1:00

【地図】

ぱん工場寛の購入方法は?

ぱん工場寛は完全予約制のようです。

購入方法は基本的にメールでの注目のようです!

予約していなくてもパンが余っている場合はTwitterで情報が流れてきますので気になる方は、

ぱん工房寛さんをフォローしてみてはいかがでしょうか?


ぱん工場寛さんは受け取りの仕方によって注文方法が変わりますのでご確認ください。

メールでご注文の際は受信拒否設定の解除をお忘れなく!

またお支払い等の詳細はメールにて返信案内があるようです!

ぱん工場寛「お届け」で購入する方法!

【お届け注文メールアドレス】

email: pankoubahiro@p00.itscom.net

こちらからメールにてご注文ください。

お届けは場所は:目黒区・世田谷区・大田区と各々の周辺となっています。

しかしTwitterでは神奈川県への配達情報もありますので、

メールにて配達可能地域かご確認ください。

ぱん工場寛「お店で受け渡し」で購入方法!

【お店で受け渡し注文メールアドレス】

email: pankoubahiro@p00.itscom.net

こちらからメールにてご注文ください。

受け渡しは時間を記載してください。

・お昼12:00~13:00

・深夜0:00~1:00

・希望の時間

現在コロナウイルスの影響で営業時間等変わっている可能性もありますので、

パン工場寛さんのTwitterを確認ください。

ぱん工場寛「ゆうパック郵送」で購入する方法!

【ゆうパック郵送注文アドレス】

email: pankoubahiro@p00.itscom.net

こちらからメールにてご注文ください。

製造と郵送とのタイミングにより水曜日と土曜日に発送。
ご希望の発送曜日、水曜日か土曜日かを記載の上、メールにてご連絡ください。

発送は毎日行っているではありませんのでご注意ください。

ぱん工場寛パンの種類と値段は?

朝一番で食べれるように深夜配達してくれる「ぱん工場 寛」のパンの種類と値段について紹介します。

・食パン(1斤)/270円

・ぶどうぱん(4個入)/250円

・丸ぱん(5個入)/180円

・バナナぱん(1斤)/470円

種類は4種類ですがめちゃくちゃ安いですね!

これでエリアはありますが配達もサービスですのでびっくりですよね。

ぱん工場寛のパンの特徴は?

ぱん工場寛のパンはバターなどの油脂類が入っていません。

これは店主の田中朋広さんの、

「無駄なものは一切入れない。無添加だから出来立てをその日の朝に食べてもらいたい」という思いからです。

ですからパン自体は国産小麦・果糖・海水塩・白神こだま酵母を材料としたシンプルなパンです。

しかし色々な食べ方に対応でき風味も良く飽きのこないパンです。

ぱん工場寛についてまとめ!

今回はテレビ東京で7月24日放送の『大量のパンをもって自転車で爆走する男』で紹介される、

「ぱん工場寛」について調べてみました。

こだわりをもって作ったパンを店主の田中朋広さんが毎日配達する徹底ぶり!

この美味しいパンを一度食べてみたいものです。

最後まで読んで下さりありがとうございます。