イトウは幻の魚と言われるけど味は美味しいの?最大サイズはどのくらいまで成長するの?

イトウは幻の魚と言われるけど味は美味しいの?最大サイズはどのくらいまで成長するの?

北海道にのみ生息していて「幻の魚」とも言われているイトウが北海道内の7河川に生息している可能性が高いことがわかり話題になっています。

私は東京に住んでいるのでイトウは馴染みのない魚なのですが一体どのような魚なのでしょうか?

今は希少性の高い魚なので釣って食べることは駄目だと思いますが、「イトウは食べれるのか?」また「食べれるとしたら味は美味しいのか?」

色々な疑問が湧きました。

そこで今回は幻の魚イトウについて調べていきたいと思います。

幻の魚イトウとは?

幻の魚イトウはどのような魚なのでしょうか?

まずイトウは川などにいる淡水魚サケ科の魚になります。

成魚になると1~1.5mまで成長すると言われています。

この大きさと希少性から幻の魚と呼ばれているようです。

イトウの最大サイズは?

イトウは成魚になると1~1.5mになりますが、過去には2.1mのイトウが捕獲されたと言われています。


日本の淡水魚で2mにもなる魚がいるんですね!

もしかしたら捕獲されていない2.1m以上のイトウもいるかもしれません。

イトウは絶滅危惧種?

イトウは絶滅危惧種に指定されています。

絶滅が危惧される理由としては、

・イトウは成長が遅い

・生息環境が限られている

まずイトウは成長がとても遅い魚なのです。

1m成長するのに10年もかかります。

しかしサケと違って産卵後も生き続け何年に渡って産卵出来るので長寿な魚とも言われています。

またイトウは流れの早い河川を好みません、これは産んだ稚魚が早い河川だと死んでしまうためだと思われます。

また18度以下の冷たい水温を好みます。

このように生息可能な環境が少ないことも絶滅危惧種になった要因ではないでしょうか?

釣りなどでたまたま釣れてもキャッチ&リリース必ずキャッチ&リリースしましょうね!

イトウの味は美味しいの?

絶滅危惧種とされているイトウですが養殖に成功している魚でもあります。

ですので養殖したイトウを食べられるお店もあるようですよ!

味はサケ科ですので美味しい気もしますが一体どのような味なのでしょうか?

SNSでの評判を見てみましょう!

身の色もサーモンに似たピンクです。

味はサーモンとは異なり、淡泊な味で食感はコリコリしているとも言われています。

美味しいとの感想も多いので一度は食べてみたいですね!

幻の魚イトウについてのまとめ!

今回は幻の魚と言われるイトウについて紹介しました。

絶滅危惧種にも認定されているイトウですので食べる機会は少ないとは思いますが、

とても美味しいそうですよ!

天然物も7河川で生息している可能性が高まりましたし、

生息する環境を整えて個体数が増えると嬉しいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。