県職員の10万円を勝手に使うのは違法?パワハラや避難の声が殺到?

県職員の10万円を勝手に使うのは違法?パワハラや避難の声が殺到?

広島県の湯崎知事が全国民に給付する10万円について、

県職員分を感染拡大を防ぐ対策の財源に活用するとの考えを表明し話題となりました。

知事が勝手に県職員の給付金の使い道を決定するのは法律的にどうなのでしょうか?

ネット上では違法では?やパワハラ、人権侵害など辛辣な声も聞こえてきます。

今回はこの「県職員の10万円を勝手に使うのは違法?パワハラや非難の声が殺到?」

と題してお送りします。

県職員の10万円を勝手に使うのは違法?


湯崎知事が県職員の10万円を県の財源にする権限はおそらくありません。

つまり法的な強制力はなさそうです!

ですので湯崎知事は県職員にお願いするのでは?と予想します。

今後実際にどのような対応をするかは分かり次第追記していきます。

※4月29日更新 

翌日22日には事実上の撤回発言を出しました。

翌日に意見を変えるとは単なる思いつきの発言と思われても仕方ありません!

県職員の10万円を勝手に使うのはパワハラ?

このような声が上がっています。

先程は強制力はないのでお願いするのでは?と予想しましたが、

お願いといっても県知事が先にこのような考えを公表すると半強制的になるのではないでしょうか?

考え方によっては上司によるパワハラとも受け取れます。

県職員の10万円の使い道に非難の声

やはり人権侵害など厳しい声が多い様です!

まとめ

今回は広島県知事の湯崎知事のが表明した県職員の給付金の使い道について紹介しました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。